2013年07月11日

「あなた自身になりなさい」



「宇宙からの手紙 / マイク・ドゥーリー」


 人が幸せになれない原因のひとつに、

「自己評価の低さ」

 というのがある。


 特に、謙遜を美徳とする日本人には、
 極端に自己評価が低い人が多く見られるようだ。

「自分には価値がある」

 特になんの実績もないのに、
 こう断言する人がいたら、
 多くの人が「なんて傲慢な人」と
 思うんじゃないだろうか?


 けれど、幸せになるためには、
 
「自分には価値がある」

 と心から思うことが必要だ。

 
 高級車に乗っているからとか、
 ブランドの服を着ているから、
 という理由ではだめだ。

 それらのモノがなくなれば、
 その人の価値はなくなってしまう。

 その人自身に価値があるのではなく、
 車や服に価値があるのだ。
 それも、人がつけた価値だ。

 
 なにもなくても、ありのままの自分、
 それに、実は価値がある。

 そうはいっても、なかなか、
 そうは思えないのもわかる。

 そんな時には、この本を読むといい。


「宇宙からの手紙」


 宇宙からくるメッセージという形で、
 毎週5日送られるメルマガを
 まとめたこの本は、

「あなたには価値がある」

 ということをひたすら言い続けてくれる。



「この世の多くの謎は、
 実はあなたのために計画されていることに、
 気づけばよいのです」



 スピリチュアル的に言えば、
 人は波動である。

 幸せな波動でいれば、
 幸せなモノを引き寄せる。

 不安な波動でいれば、
 不安なものを引き寄せる。

 
 まず、幸せになること。


 ○○が手に入れば、幸せになる、
 と考えるのではなく、
 まず「幸せである」ということを「選択」する。

 そうすれば、逆に求めるモノは、舞い込んでくる。


 簡単そうで難しい。


 放っておけば、心は知らない間に「不安」に占領される。


 そんな時、この本は、心の波動を上向きにしてくれる。


 元はメルマガの短い文章なので、
 どこから読んでもいい。


 ちょっと心が不安な気持ちになってきたな、と思ったら、
 適当なページを開いて読んでみるといいだろう。


「宇宙」は常に、あなたに微笑んでいる、
 ということを忘れないために。









↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

posted by さきあきら at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福になるための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

「お金はホログラム的幻想です」



「ザ・マネーゲームから脱出する法 / ロバート・シャインフェルド」



 前回は、奇書とも言える「ザ・クイックニング」をレビューしたが、
 今回のこの本も、「普通じゃない」感じ、は負けていはない。

「ザ・マネーゲームから脱出する方法」

 タイトルだけ見ると、「金持ち父さん貧乏父さん」のような、
「資産を活かして、自由な人生を手に入れる」的な内容に思えるが、
 読んでみると、どちらかといえば独特な、
 ある意味、スピリチュアルともいえる世界観が展開されている。


 この世界はすべて幻想であり、
 私たちはその幻想の中で人間ゲームをプレイする。
 
 マネーゲームとは、その人間ゲームの中で行われる、
 決して勝利することのできないゲームである。

 この世界の真実を見抜き、不毛なマネーゲームから脱出する。
 それによって、本当の豊かさを手に入れることができる。



 これが、この本の概要だ。


 そして、世界は幻想であり、お金も幻想である。

 その幻想を創り出したのは、他ならぬ私たち自身であり、
 その幻想を崩壊させることによって、私たちは本来の力を取り戻す。



「あなたは、無限の力を持つ存在です」


 本来の力を取り戻すことにより、
 富も健康もすべて思い通りになる。


 スピリチュアル系の本になじんでいる人なら、
 受け入れられるかもしれないが、

 現実主義的な人にとっては、
 ちょっと受け入れ難い本かもしれない。 


 この本を、「真実」ととらえるか、
 ある物語を使った成功法則の方法論ととらえるか、
 あるいは、まったく否定的になるかは、
 人それぞれだろう。


 ただ、この本のメインともいえる「プロセス」は、
 いろいろな不安を解消するには有効だと思う。

 ただ、基本的にこの本の世界観を受け入れていないとだめだが。


 そのプロセスとは、


 1. 不快な中に飛び込んで、その不快さを感じ尽くす。

 2. 不快さがピークになったら、この世界は幻想であると告げる。

 3. 力が戻ってくるイメージをして、感謝をする



 というような、エクササイズである。


 この「不快さを感じ尽くす」というのがポイントになると思う。
 
 嫌な出来事や感情、実はその中に、
 私たち本来の無限の力が隠されているのだ。

 こう考えると、嫌な思い出や出来事が、
 本当は、大切なものだと思えてくる。


 自ら制限を加えることによって生じる葛藤などによって、
 自らの成長の糧を得る。

 今ある状況は、すべて、誰のせいでもなく、
 自分の計画によってなっている状況である。


 そんな風に考えてみると、今、悪い状況だったとしても、
 少しは肯定的にとらえられるかもしれない。
 
 










↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by さきあきら at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

「あなたは機械人間から抜け出す必要がある」



「ザ・クイックニング / ステュアート・ワイルド 著 石井裕之 訳」



「あの人には、オーラがある」

 なんて言い方をするが、
 オーラって何だろう?


 調べてみると、

「人体から発散される霊的エネルギーのこと」

 とある。

 そもそも、「霊的エネルギー」って何だ?

 っていう人も多いと思うが、
 その人が持っている「雰囲気の強さ」的なものと言えるだろうか。


「ザ・クイックニング」


 では、オーラのことをエーテルと呼び、
 そのエーテルを鍛えることによって、
 自分のカリスマ性を高めることができる、と言う。

 
「呪いから自分を守る」

「姿を消すためのエーテルトレーニング」

「時間の速度を落とす」

「ターボ思考によって人を操る」


 など、なんだかマユツバっぽい内容のオンパレードだ。


 けれど、訳者が石井裕之という、
 このブログでも何冊か紹介してきた
 潜在意識のエキスパートとも言える人物。

 その石井裕之氏が、20年前に読んで、影響を受けたというこの本、
 ただの「怪しい本」というだけでは済まされない気がする。

 
 普通に、惰性的な考え方で日々を過ごしている人を
「機械人間」と呼ぶのは、なかなかシニカルだ。

 それに対して、スピリチュアルな世界を意識して、
 エーテルを鍛え、その結果、得たターボ思考によって、
「闘う賢者」として生きる。


 この本は、実践的なエーテルの鍛え方、
 ターボ思考の作り方などが解説されている。


 その基本は、「今」を受け入れ、
 未来の心配や過去の後悔などをしないこと。

 未来に何があろうと、自分の強いエネルギーによって、
 今と変わらない幸せな環境を作りだす。

 それが、「闘う賢者」の考え方だ。


「人生は平等で心地よいものであるべきだ、
 などというのは、腰抜けたちの戯言です」


 などと、手厳しい言葉が続く。


 どんな逆境であろうと、それを楽しみ、
 突き進んで行く、

 そんな「闘う賢者」を目指してみたいと思った。
 










↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by さきあきら at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。