2010年03月31日

「わたしたちは何でも分け隔てをして考えようとしてしまう」



「一休さんの般若心経」西村恵信 監修


 仏教とか、宗教って、
 ついつい敬遠しがちになるもんですが、
 この「般若心経」などの意味をよく読むと、
 今までとりあげてきた成功哲学などの
 エッセンスが含まれているような気がします。

 思い切って言えば、「般若心経」は、
 元祖「成功本」「幸福本」ではないかと思うのです。


 例えば、前回紹介したウォレス・ワトルズ著の
 「確実に金持ちになる『引き寄せの法則』」には、


「人は、思考を『形のない物質』に投影することで、
 造りたいと思っているものを現実に出現させられる」



 という一節があります。


 万物は、思考するただひとつの形のない物質からできていて、
 その物質は宇宙空間の隅々に満ちている、



 ということなのですが、これは、般若心経の

「色即是空」

 色(物質)は空(形のないもの)である、

 ということに一致します。

 さらに、「不垢不浄」という一節は、
「きれいなものも、きたないものもない」
 つまり、ただひとつのモノからできている、
 というのは、曲解しすぎでしょうか?


 その他、「般若心経」を読んでいくと、
 現代の物理法則を知っているのではないか?
 と思われるような部分もあります。


 こうしてみると、「般若心経」というのは、
「ありがたいお経」という面だけでなく、
 実用性のある知恵を教えてくれる、
「成功本」「自己啓発本」「幸福本」「勉強本」などの
 面も持っているように思えてきます。


 そして、その「般若心経」を
 あの一休さんが解説している書があったんですね。

 この本は、その「般若心経提唱 一球宗純著」
 現代語に訳し、解説を加えた本です。

 この本に興味深いエピソードがあって、
 それは、一休さんは、若い頃、
 自殺をしようとしたことがあるそうです。
 けれど、それは「世をはかなんで」ということではなく、
 自分の運命を試すために、
 つまり自分は「僧侶として生きる価値があるか?」、
 さらにつきつめると、「運命はあるのか?」
 ということを試すために、
 自分の命をかけて、実験したということらしいのです。

 結果は、ちょうどその時、
 京都から母の使いがやってきて止めた、そうなのですが、
 やはり、そこには偶然以上の何かがあるように思えます。


「般若心経」の最後は、

「ぎゃあてい、ぎゃあてい、はらぎゃあてい・・」

 という、
 日本人なら一度はどこかで聞いたことがあるフレーズで、
 しめくくられています。

 それ以前の部分は、元々のインドの言葉を
 三蔵法師(玄奘)が漢語に翻訳したものなんですが、
 最後のこのフレーズは「呪」と言われて、
 元々のインドの言葉、そのままになっているそうです。

 それは、言葉にすることによって、
 潜在意識を変える方法に通ずるものがあるような気がします。














posted by さきあきら at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

「今していることに、全力を注ぎなさい」



「確実に金持ちになる『引き寄せの法則』」ウォレス・ワトルズ著 川島和正監訳


 一部では、奇書としてとらえられている本でもあります。

 10年ぐらい前に読んでいたら、

「なんだこりゃ?」

 と、途中で読むのをやめていたかもしれません。


「1日3分で奇跡が起きる
 確実に金持ちになる『引き寄せの法則』」


 というタイトルもかなり、うさん臭さが漂っています。
 原題は、「THE SCIENCE OF GETTING RICH(富を得る科学)」です。



「万物は、ただ1つの『思考する物質』が元になって造られている。
 その『物質』は原始の状態で、宇宙空間の隅々に満ちている」


 そして、

「人は、思考を『形のない物質』に投影することで、
 造りたいと思っているものを現実に出現させられる」


 つまり、本気で思えば、ほしいものは
 すべて手に入れることができる、ということ。
 かなりスピリチュアルな感じで、宗教的な雰囲気もあります。


 けれどこの100年以上前に書かれた本は、
 超話題になったロンダ・バーン「ザ・シークレット」
 元になったという話もあり、

 この本の翻訳は、他に、
 山川紘矢・亜希子夫妻(「ザ・シークレット」の翻訳も)や、
 本田健氏などのバージョンもあります。


 山川紘矢・亜希子夫妻といえば、
「アウト・オン・ア・リム」
「聖なる予言」「前世療法」などの
 スピリチュアル系翻訳のスペシャリストです。


 それとは対称的に、本田健氏は、
「ユダヤ人大富豪の教え」などを書かれている
 お金のスペシャリストと呼べる人です。


 さらに興味深いことに、
 脳機能学者として、自己啓発プログラムなどに関する本を書いている
 苫米地英人氏の「英語は逆から学べ! 上級トレーニング編」でも、
 付属CDのボーナストラックに、この本の原文の一部が吹き込まれています。


 名だたる成功者が取り上げるこの本は、
 単なる「ヘンな本」としては片づけきれないような気がします。


 前回取り上げた、稲盛和夫氏の「生き方」にも、
 これに近いようなことが書かれています、
 というか、稲盛氏もこの本を読んでいるに違いないと思います。


 言霊の力というのでしょうか、
 この本にはパワーを感じます(これも人によるんでしょうが)。


 そして、実践して決して損はないことが書かれています。


 競争を捨て、創造的になる。

 感謝の心を持つ。

 今していることに全力を注ぐ。

 話すことに気をつける。

 どんな時も失望しない。



 そして、基本は「宇宙と調和」することです。


 100年という月日がたっているのに、
 内容的には古さを感じません。
 というよりも、この本は、
 実は、これから本当に必要とされてくるものかもしれません。


 私は信じます。この宇宙の法則を。















posted by さきあきら at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

「『心に物がこたえる』瞬間を経て、物事は成就していく」



「生き方」稲盛和夫著


 前回とりあげた「鏡の法則」の中で登場し
 主人公の栄子の悩みを解決する
 心理学にも精通する経営コンサルタント矢口、

 それは著者、野口嘉則氏のことだと思うのですが、
 その彼が、最後に「おすすめの本」というのを
 栄子にFAXで送ります。


 その最初にあがっているのが、この「生き方」です。


 稲盛和夫氏と言えば、京セラの名誉会長で、
 私は「稲盛和夫の実学〜経営と会計〜」という本を読んでいたのですが、

 それは、今までの慣例にとらわれない経営方式が
 稲盛氏が実際に行ってきた経緯をたどって書かれていて、
 タイトル通り、経営の「実学」的な内容の本でした。


 そんな本なのですが、稲盛氏の経営哲学というか、
 人としての姿勢、考え方などに非常に惹かれる部分があり、

 今の私には直接関係のないような内容の本でありながら、
 あっという間に、読めてしまいました。



 その稲盛氏の本が、この一種スピリチュアルな内容でもある
「鏡の法則」の著者の推薦本でもある、というところに、
 非常に興味を覚えて読みました。


 素晴らしい内容の本だと思います。


 次世代に向けてのバイブルともなりえる本で、

 稲盛氏がおそらく読んでこられた、
 成功哲学、宗教、心理学、科学などの本に、
 自分の体験をプラスし、

 本気でこのゆれ動く社会を変えたい
 という気概で書かれた書であると思います。


「引き寄せの法則」


 それは、「ザ・シークレット」によって有名になりましたが、
 京セラを設立し、NTTに対抗したKDDIをおこし、

 最近では、破産したJALの経営再編にも抜擢された稲盛氏が
 それを語ると、さらに説得力が増します。



「人生は心に描いたとおりになる、
 強く思ったことが現象となって現れてくる」



 稲盛氏はこの本のプロローグで言います。


「まずはこの『宇宙の法則』をしっかりと心に刻みつけてほしい」


 なんと、経営の「実学」を書いていた稲盛氏の背景には、
 こんな一種、スピリチュアルな思想があったのです。


 もちろん、こういう考え方をする成功者は稲盛氏だけではなく、
 多くの成功本の基となっていると言ってもいい、ウォレス・ワトルズも、


「万物はただひとつの『思考する物質』が
 元となって造られている」


 と言っています。


 稲盛氏はそういったスピリチュアルな部分だけでなく、
 仕事というものを通じて人は魂を成長させていくもので、


 人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力


 という式を立てて、特に「考え方」が大事である、と言います。


 正しい考え方で、熱意を持って、能力を最大限に活かす。


 けれど、こういった稲盛氏の言わんとしていることが、
 もし若い頃の自分だったらわかったろうか? と思うと、

「ああ、それはもちろんそうだよねぇ」

 などと、浅く受け止めるだけだったかもしれません。


 この本は、この不況と言われ、閉そくに満ちているように見える
 現代の若者に読んでほしい本ですが、

 それよりも、大人がこういう「生き方」を身をもって示すことが、
 まず大事なのだと思います。


「仕事」が人を選ぶ時代は終わりつつあるのだと思います。

 これからは、人が「仕事」を、本当に好きになれる仕事を
 選んでいかなければならない時代にきているのではないでしょうか。









↓ ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

posted by さきあきら at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。