2010年07月25日

「抑えつけてはいけない。しかし流されてもいけない」



「EQ こころの知能指数」ダニエル・ゴールドマン 著 土屋京子 訳



 最終的に、人が幸せか不幸かを決めるものは、
 お金でも、環境でも、肉体的な健全度でもなく、
 どうやら脳である
、ということがわかってきました。


 脳といっても、考える脳、大脳ではなく、
 扁桃核と呼ばれる感情をつかさどる脳、
 つまり、感じる脳が、人の幸せか不幸かを決めるのに
 大きな影響を与えるようです。


 つまり、「幸せ」とは、感じるものなのです。


 どんなに、恵まれないような状態にあっても、
 脳が「気持ちよさ」を感じれば、それは、幸せなのです。

 どんなに、恵まれた環境であっても、
 脳が「気持ちよさ」を感じることができなければ、
 それは、「幸せ」では、ないのです。


 この


「EQ こころの知能指数」

 は、そんな扁桃核の働きと、その扁桃核がつかさどる、
 人間の感情のコントロールについて、書かれた本です。


「ザ・シークレット」

 では、「引き寄せの法則」を使うときに、最も大事なのが、
 欲しいものを手に入れた時の、気持ちになる、ということです。


 多くの成功本でも、

「それを達成したときの気分になる」

 というのが大事と言われています。


 その感情になることによって、
 無意識がそれを達成しようとする
のです。


「感情」とか「気分」などの、
 なんだか、あやふやなものに聞こえるものによって、
 人の未来は、決まっていくようなのです。


 社会的にも、この「感情のコントロール」する能力
 評価されてくるだろうと思います。


 IQ(知的能力)よりもEQ(感情能力)。

 それは、フィクションの世界では、当たり前の話です。

 主人公はたいてい、IQよりもEQが高い人間です。



 まずは、「怒り」の感情をコントロールすること。

「抑えつけてはいけない。しかし流されてもいけない」

 これは、この本に引用されたチベットの高僧の言葉です。


 この本は、感情をコントロールするために、
 感情というものを知るために、
 あるいは、特に、子供がいる人には、
 教育というものを考える上で、大事な本だと思います。








↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

 
↓ 本を探すならココ


 
posted by さきあきら at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強本、脳科学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

「お金がたくさんあることと、幸せであることは、直接関係がない」



「億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!」吉川英一 著


 アパート、マンションなどの不動産投資で
 資産を増やしていく。

 その方法は、前にレビューした、南正人氏の「お金の大事な話」
 と同じですが、この


「億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!」

 は、特に、サラリーマンが、仕事をしながら種銭を作り、
 サラリーマンであることを活かして、
 銀行から融資を受けて、資産を増やし、
 手取り1000万円を目指す方法が書かれた本です。


 なぜ、手取り1000万円なのか?


 それは、日本の税制を考えると、
 一番、収入対税金の効率がいいのが、
 この、年収から税金などを引いた
 手取り1000万円ぐらい、らしいのです。


 たとえ億万長者になっても、
 税金やその他、諸々が増えるので、
 逆に、大変になってきます。


 手取り1000万円でも、十分な生活ができて、
 自分の自由な生活を
 手に入れることが、できるわけです。


「お金がたくさんあることと、
 幸せであることは、直接関係がない」



 お金があればあるほど、幸せになれそうな気がしますが、
 どうやらそうではないようです。

 バランスが大事、
 なんて本当にあたりまえの話なんですが、
 お金がからむと、冷静さを欠いてしまいがちになります。


 南正人氏にしてもそうですが、
 勉強量がすごい、と感じます。


 リスクをゼロにすることは、できないが、
 勉強することによって限りなくゼロに近づけるこてができる、

 ということが、なるほど、とうなずけます。

 不動産投資を考えている人は、南正人氏の

「お金の大事な話」

 と共に、必読の書ではないでしょうか。








↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ
にほんブログ村


blogram投票ボタン


↓ 本を探すならココ


 
posted by さきあきら at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

「無限の力は練習で引き出せる」



「ザ・マインドマップ」トニー・ブサン 著 神田昌典 訳



 幸福を感じるのは脳です。


 どんな厳しい状況であっても、
 脳が「幸福」と感じれば、幸福であるし、

 たとえ、ありあまるお金を持っていたとしても、
 脳が「不幸」と感じれば、不幸です。

 
 幸か不幸か、

 それは、状況が決めるものではなく、
 脳が決めるもののようです。



 人の幸、不幸の鍵を握るその脳は、
 どう扱えばいいのでしょうか?

 その一つの例が、このマインドマップです。


 マインドマップは、
 一時、さわがれた時期があるようですが、
 どうも、最近は、あまり話題に上らないようです。

 けれど、発想を仕事にする人にとっては、
 いまだに不可欠なもののようです。

 もちろん、訳者の神田昌典氏も使っているでしょう。


 私も、発想をまとめる時は、
 よくマインドマップを作ります。

 マインドマップとは、一種のノート術、
 といっても良いかと思います。


 マインドマップの基本的な考え方はシンプルです。

 文字だけで、ノートを作るのではなく、
 絵的に描いた方が記憶に残りやすいし、
 パッと見てわかりやすい、

 そんな、感じです。


 その絵も、脳の放射思考に合わせた図式なので、
 すんなり、脳に受け入れやすいのです。

 学生時代に、この方法論を知っていれば、
 もっとテストの点が良かったかなと思います。


 マインドマップは、発想するメソッドとして使うとき、

 ブレイン・ストーミング、あるいは、ブレイン・ダンプ

 と相性がいいようです。


 ブレイン・ストーミング、あるいは、ブレイン・ダンプとは、
 とにかく、思いつくものをどんどん書いていくか、
 あるいは、多人数の場合は、どんどん意見を出しあって、
 脳の中にあるものを、全部、洗い出してしまう、
 というやり方です。

 そこから、意外な発想のものを拾い出したり、
 思考をまとめたりします。

 特に、思考をまとめる場合に、
 このマインドマップの方法論が役に立ちます。

 この本では、それぞれの言葉に、
 色をつけたり、
 文字の太さを変えたり、
 絵にしたり、
 と、細かなやり方がでてきますが、

 とにかく、パラパラっとこの本を立ち読みして、
 図として書いてみる、
 というだけで、ずいぶんと役立つと思います。


 この本自体は、約2300円と結構高いので、
 細かい部分までマインドマップをマスターしたい人以外は、
 無理して買うほどでは、ないと思います。


 ただ、装丁が綺麗なのと、
 ほとんどフルカラーという豪華な内容で、
 本棚にポンとあるといい感じなので、
 インテリア的な部分ではオススメです。

 





↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン


↓ 本を探すならココ


 
posted by さきあきら at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強本、脳科学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。