2013年06月30日

「人生のいついかなるときでも、不幸を選ばない」



「自分のための人生 / ウェーン・W.ダイアー」


「自己啓発本」とか「自己実現本」とか、
 最近、よく聞かれる言葉だ。


 社会的な不安や、経済のいきづまりなどで疲弊した
 現代人の心のドリンク剤的な役割になっているのかもしれない。

 確かに、その手のいい本に出会うと、元気になるし、
 やってやろう、という気になる。


 ただ、本を読んだだけで、
 何か成し遂げたような気分になり、

 結局、よく考えてみると、
 特に自分の行動が変わっていない、
 なんてこともよくあるようだ。


 だからといって、そいういう本は読んでもムダか?
 というと、そんなことはない。


 私もそういう本から、多くのことを学んだ。

 実生活で役に立っていることもたくさんある。

 ただ、いくら自分が、いいことだと思っても、
 それを人に無理にススメるのはやめた方がいい。


 人には人のタイミングというものがある。


 同じ言葉でも、心に響くときと、
 まったく響かないときがある。

 もし、その人が必要なら、聞いてくるだろう。

「自己啓発的な本を読みたいんですが、いい本ありますか?」

 と、たずねられたら、紹介する本の中の一冊にこれが入るだろう。


「自分のための人生」


 著者は、心理学者であるウェーン・ダイアー博士。

 この本は、自己啓発本のスタンダードといえる。


「不幸」というのは、回りの状況や人によってなるのではない、
 自分で自分を不幸にするのだ。



 この本の一節だ。

 実は、不幸は、自分で選択するものなのだ。

 だから、不幸な人に「こうすれば幸せになれる」と言っても、
「そんなことをしてもムダだ」と聞いてもらえないのが普通だ。

 そういう人に腹を立てても、それは同じレベルになる。

 他人事に時間を奪われてはいけない。

 人生は、「自分のための人生」なのだ。


「人生のいついかなるときでも、不幸を選ばない」


「幸福を選ぼう」という決意をした人、
 この本は、そんな人に読んでほしい本だ。
 









↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by さきあきら at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

「気軽にお願いすることは成功の鍵です」



「宇宙に気軽にお願いする法 / ピエ-ル・フランク」


「引き寄せの法則」をうまく使えば、
 自分の望むものは何でも手に入れられるはずだ。

 けれど、現実には、なかなかそうはいかない。


 だからこそ、数多くの「引き寄せ」に関する本が出ているわけなのだが、

「宇宙に気軽にお願いする法」

 も、そんな「引き寄せの法則」の実践的な方法についての本だ。

 
 ロンダ・バーン「ザ・シークレット」などでは、

「引き寄せの法則」によって願うことに、
 望むモノの大きさは関係ない、

 だから、できるだけ大きなもの、
 大きなことを望めばいい
、とある。

 けれど、やはりそれは何か違う気がする。

 例えば、スーパーの駐車場が空いているように、
 と言えば、結構、叶うのだが、
 高級外車がほしい、と言っても、
 これは、なかなか叶わない。


 何が違うのかと言えば、それは「気軽さ」だと、
 この「宇宙に気軽にお願いする法」は言う。


「気軽にお願いすることは成功の鍵です」


「気軽さ」とは、「余裕がある」ということだ。

 大きなことを願う時、
 人はどうしても、平静さを失う。

 つまり、「気軽」にはいかないわけだ。

 余裕のない状態は、すなわち、「不足している」という気持ち。

「不足」の気持ちからの行動は、結局、「不足」という結果になる。


 けれど、小さな願い事ならば、まだ気軽に願うことができる。

 小さな願い事の成功体験を積み重ねることによって、
「引き寄せの法則」を信じることができるようになり、
 結果、大きな願い事も「気軽に」叶えることができるようになる。

 これが、この本のコンセプトだ。


 願い事をする時に、いくつか
 気をつけなければならないことがあるが、
 一番、大事なのはこれだろう。

「正しい言葉で願う」 

 現在形で、否定形を用いないことだ。


「裕福になりたい」ではなく「裕福です」

「病気にならない」ではなく「健康です」



 そして、偶然を受け入れ、直感にしたがう。

 などの手順をふめば、願いはかなっていく、という。


 お金だけを目標にするのは避けた方がいいようだ。

 お金があれば、幸せになれる、という考えだと、
 結局、モノに依存するようになってしまう。


 一番、大事なのは、自分にとって、

「本当に大切なものを見つける」

 ということだ。 









↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by さきあきら at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

「悲しいことや、つらいことはなくなりません」



「リアルハピネス 28日間 瞑想プログラム / シャロン・サルツバーグ」


 エイブラハム・シリーズで最初に買ったのは、
「引き寄せの法則の本質」だったのだが、
 その時、ふと気になって、同時に買ったのがこの本。

「リアルハピネス 28日間瞑想プログラム」

 瞑想によって、いつも「幸福感」を感じるようになるための、
 心のエクササイズ、という内容だ。


「瞑想」と言えば、
 お寺などで、偉いお坊さんが、「悟り」を開くためにする修行、
 なんていうイメージがある。


 私も以前、「瞑想」というものに興味を持って、
 ちょっとそれらしきことをやってみたのだが、

 ただ眠くなったり、雑念が次々浮かんで、
 結局、すぐやめてしまった。


「瞑想」というものが、どういう意味を持つのか?

「瞑想」することによって、何が変わるのか?



 そういう、ことがまるでわかっていなかった。


 興味深いのは、引き寄せの法則を実際に活用しようとする時に、
「瞑想」が、かなり役に立つ、ということだ。


 目に見えない世界にいて、
 無限の知識の宝庫である「内なる存在」


 その「内なる存在」認め、交信することによって、
「人生経験を劇的に高める」ことが可能になる。



 そのための方法が「瞑想」なのだ。


 それほど、大げさなものでなくても、
 ただ「心を落ち着ける」というだけでも、
 このストレス社会の中では有益だろう。


「悲しいことや、つらいことはなくなりません」

 というのは、始める前の注意点のひとつ。


 幸福というのは、「いまある問題がすべてなくなった状態」
 だと考えてしまいがちだが、そうではない。


 人が生きている限り問題はなくならない。
 
 問題への立ち向かい方を変えることしかできないのだ。


 まず、「呼吸を意識する」というのは、よく言われるが、
 これは、とても大きな意味を持つ。


 人の心は、過去の悔恨や、未来の不安などを、
「今、この時」から離れ、ふらふらとさまよっている。
 

「呼吸を意識」して、心を鎮めることが基本になる。


 それでも、いろいろな雑念は浮かんでくる。

 それを、否定するのではなく、ただ、それを観察する。


「瞑想」というちょっと堅苦しい響きの行為を
 日常の中に、自然に取り入れることによって、
 自分の人生の質を上げていく。


 私のような瞑想初心者にとって、
 わかりやすく、実践しやすい本だ。

 








↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by さきあきら at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福になるための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。