2013年07月07日

「お金はホログラム的幻想です」



「ザ・マネーゲームから脱出する法 / ロバート・シャインフェルド」



 前回は、奇書とも言える「ザ・クイックニング」をレビューしたが、
 今回のこの本も、「普通じゃない」感じ、は負けていはない。

「ザ・マネーゲームから脱出する方法」

 タイトルだけ見ると、「金持ち父さん貧乏父さん」のような、
「資産を活かして、自由な人生を手に入れる」的な内容に思えるが、
 読んでみると、どちらかといえば独特な、
 ある意味、スピリチュアルともいえる世界観が展開されている。


 この世界はすべて幻想であり、
 私たちはその幻想の中で人間ゲームをプレイする。
 
 マネーゲームとは、その人間ゲームの中で行われる、
 決して勝利することのできないゲームである。

 この世界の真実を見抜き、不毛なマネーゲームから脱出する。
 それによって、本当の豊かさを手に入れることができる。



 これが、この本の概要だ。


 そして、世界は幻想であり、お金も幻想である。

 その幻想を創り出したのは、他ならぬ私たち自身であり、
 その幻想を崩壊させることによって、私たちは本来の力を取り戻す。



「あなたは、無限の力を持つ存在です」


 本来の力を取り戻すことにより、
 富も健康もすべて思い通りになる。


 スピリチュアル系の本になじんでいる人なら、
 受け入れられるかもしれないが、

 現実主義的な人にとっては、
 ちょっと受け入れ難い本かもしれない。 


 この本を、「真実」ととらえるか、
 ある物語を使った成功法則の方法論ととらえるか、
 あるいは、まったく否定的になるかは、
 人それぞれだろう。


 ただ、この本のメインともいえる「プロセス」は、
 いろいろな不安を解消するには有効だと思う。

 ただ、基本的にこの本の世界観を受け入れていないとだめだが。


 そのプロセスとは、


 1. 不快な中に飛び込んで、その不快さを感じ尽くす。

 2. 不快さがピークになったら、この世界は幻想であると告げる。

 3. 力が戻ってくるイメージをして、感謝をする



 というような、エクササイズである。


 この「不快さを感じ尽くす」というのがポイントになると思う。
 
 嫌な出来事や感情、実はその中に、
 私たち本来の無限の力が隠されているのだ。

 こう考えると、嫌な思い出や出来事が、
 本当は、大切なものだと思えてくる。


 自ら制限を加えることによって生じる葛藤などによって、
 自らの成長の糧を得る。

 今ある状況は、すべて、誰のせいでもなく、
 自分の計画によってなっている状況である。


 そんな風に考えてみると、今、悪い状況だったとしても、
 少しは肯定的にとらえられるかもしれない。
 
 










↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by さきあきら at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。