2009年10月31日

「本来は、やりたいことをやり、なりたい自分になれるようにできている」



「富豪塾」佐藤富雄 著



 前回の「ザ・キー」の中には、
 潜在意識を「クリアにする」ための
 10のクリアリング・メソッドが紹介されていましたが、

 その中に、

「ネビライズ」

 という、「シナリオを書く」方法がありました。


 自分の未来を自分の望むイメージでシナリオに書く、
 ただ、それだけなのですが、
 いくつか、コツが必要です。


 まず、

「あたかもすでに起こったことを
 ふりかえっているつもりでイメージする」

 そして、

「イメージを描くだけでなく、
 そのときの気持ちまで体験すること」



 そして、その「未来を書く」ということに
 特化して書かれた本がこの

「富豪塾〜未来ストーリーで最高の人生を手に入れる〜」


 なのです。



 著者、佐藤富雄氏は、外資系企業に勤務しながら、
 脳の働きと人生の目標達成の関わりについて研究し、
 それを「佐藤理論」という形で確立して、
 現在、定年後も執筆、講演などに活躍されている方です。


 佐藤氏の理論はシンプルです。


 目標を口にすることによって、
 それを潜在意識に認識させる、
 いわゆる「口ぐせ理論」で、

 この本は、それを一歩おし進めて、
 言葉として、「書き出す」ことにあります。


 基本的には、「ザ・キー」の「ネビライズ」と同じですが、
 さらに具体的に、長期的に書かれたのがこの本のメソッドです。


 佐藤氏は言います。

「本当の大富豪とは、
 自分が豊かな暮らしをするだけでなく、
 社会貢献をして後の世代に
 勝ち残り遺伝子を残していける人」
 
 そのためには、

「心も体も最高の状態でなければならない」

 人にとってなにより大事なものは、
 自分の身体、

 つまり、健康、である、ということです。


 病気もひとつの心の状態である、という話もあります。

「病気がちの人は愚にもつかないことに、くよくよしている」
 というのは、斉藤一人さんの言葉。


 つまり、心と体は、結びついている。


 逆に言えば、心を前向きにしすれば、
 身体も健康になっていくはずです。


「病気の人は、自分を病気だと思い込む」

 というのは、潜在意識の専門家、石井裕之氏の言葉です。



 人の「思い込み」というのは、
 なかなかに、深いもののようです。






↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


↓ 本を探すならココ


posted by さきあきら at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福になるための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。