2010年05月29日

「絶対、大丈夫!」



「2週間で一生が変わる魔法の言葉」はづき虹映 著



 言霊という言葉があります。


 たったひとつの言葉で、
 人生が変わった人もいます。

 聖書の中の言葉の数々は、何億人もの価値観を作っています。
 始めに言葉ありき、というのも聖書の言葉です。

 マルクスの「資本論」は、世界経済に影響を与え、
「社会主義国家」を誕生させました。



 言葉は、ひとりの人間だけでなく、
 国を、そして世界を変える力さえ持っています。




 そんな言葉の力を利用して、人生を良くしていこう本が、

「2週間で一生が変わる魔法の言葉(じゅもん)」

 です。



 人は自分自身が発する言葉によっても、影響を受けます。



 思考が先なのか、言葉が先なのか、
 と言えば、やはり、思考があっての言葉でしょう。



 マイナス思考の人からは、マイナスの言葉が出て、
 プラス思考の人は、プラス言葉を使います。




 ただそれは、「思考→言葉」という一方的なものではなく、
 言葉によって、思考を変えることができるようです。

 マイナス思考の人でも、プラスの言葉を使い続ければ、
 やがてプラス思考になる
、ということです。



 この本で紹介されている「まほうのじゅもん」というのは、
 それほど、目新しいものではありません。
 このブログでも紹介してきたような言葉がいくつかあります。


 それでも、買った理由は、
 著者プロフィールで出身が関西の大学の経済学部であることに
 妙に親近感をおぼえたのと、
 オマケにCDがついていたことでした(オマケに弱い・・)。



 もともとは、インターネットの有料メールレッスンで、
「まほうのじゅもん」の「伝授編」「実践編」の2日をワンセットとして、
 14日間にわたるプログラムになっています。


 対象は、主に女性に向けられたような感じです。

 風水的なエッセンスも入り、
 やさしく、わかりやすい表現と、少しおどけた感じで、
 全体的には、軽めな印象を受けます。


 けれど、内容的には、しっかりしていて、
 本当に、無理なくエクササイズができます。

 ここまで自然に、実践につながる本は
 なかったように思います。



「実現できないことや、
 実現するつもりもないことばかり口にしていると
 その人の言葉から力がだんだん失われていきます」



 というのは、石井裕之氏の

「『もうひとりの自分』とうまく付き合う方法」

 からの言葉です。

 自分の言葉が言霊としての力を発揮するには、
 いつも、自分が実現できることを口にすることです。




 例えば、水を飲む前に

「私はこらから水を飲む」

 と宣言してから飲む。



 そういう日常的なことをくり返していくことによって、
 言葉が始めて、言霊としての力を持ちます。



 まずは「言葉を大事にする」ことが
 何より大切なことのようです。







↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





 
posted by さきあきら at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福になるための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。