2011年02月03日

「個人の幸福は、また人の世の幸福です」




「中村天風の生きる手本」宇野千代 著 中村天風 述


 中村天風という人は
 ずいぶんと前から気になっていました。


 日本の成功哲学の祖である、

 とか、

 松下幸之助が影響を受けた

 とか、

 どこからか、そんな情報を得ていて、
 本屋でその人に関する著書を手にとってみたりはしたのですが、
 なにかピンとくるものもなく、
 そのままになっていました。


 ある日、大型スーパーの中の本屋でみつけたこの本には、
 
「あ、これだ」的な、

 直感を感じて、すぐにレジへ向かいました。


 この本は、宇野千代という作家(名前は聞いたことがあります)が
 中村天風氏の語ったことを、語った風につづったという内容で、
 まるで本人の話をその場で聞いているような、
 臨場感を感じることができます。


 冗談を交えながら、軽妙に語られるその内容は、
 とても深い。

 そこには、この世の真の様相を伝え、
 人が幸せに生きる術を知ってもらうことに
 全力をかたむける天風氏の姿がありありと見えます。


 ブログタイトルの

「個人の幸福は、また人の世の幸福です」

 という言葉は、
 芦屋で昭和34年に行われた講演の最後の方で、

「どうか、ひとりでもいい、わかってください」

 という懇願にも近い言葉の後に続けられたものです。


 人は、自分の聞きたいこと、
 自分の理解できることしか、聞こうとしないものです。

 上から目線では決してでてこない言葉です。



 この本は、絶対に読むべき本です。



「寝ちゃぁ起きちゃぁ、食っちゃぁ垂れちゃぁ、
 何年か経ったらフウーッと消えちまう人生」


 を生きたくない人は、読んでください。







↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

 
↓ 本を探すならココ


posted by さきあきら at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸福になるための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。