2013年06月06日

「お金を酷使するな」



「お金は貯める前に使いなさい!/ 本郷孔洋」


 前回は、お金の「貯め方」についての本だったが、

 今回は、

「お金は貯める前に使いなさい」

 という、タイトルを見ると、まったく前回と反対の本。



「使うのは得意だ」という人もいるかもしれないが、

 お金は単純に使えばいい、というものでもない


 この本は、いわゆる「生き金」の使い方について、
 公認会計士、税理士である著者が、

 現代の銀行低金利時代に「お金をうまく活用することによって」
 自分の資産を増やしていくノウハウを書いたものだ。


 タイトルは、目を引くために過激になってはいるが、
 内容は、大人のお金の使い方から投資などの注意点など、
 堅実なお金の増やし方について書かれた本だ。


「お金を酷使するな」


 というのは、短期間でお金を何倍にもしようとしても、
 お金は逃げて行く、という。

 だから、お金持ち的に、お金にゆったりと働いてもらう方が、
 結果的に、より一層、お金は増える。


 第6章は、「着々と投資のタネ銭を作る方法」 と、
 どちらかといえば、「貯める」側の内容になっている。

 この章の、月々三万円ずつ、毎年、少しずつ金額をアップして、
 五年目で約350万円になるという「自動積立定期の方法」は
 現実的に役に立つ。



 この本の中で最も印象に残った言葉が、
 引用されていたダーウィンの言葉だ。

「この世に生き残るものは、
 最も強い者でも、最も賢い者でもない、
 変化する者である」




「貯める」「使う」

 どちらがいいかの答えはない。


 ただ、世界の変化を見て、それに対応して、
 自分で決めていくしかない。


 







↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by さきあきら at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お金の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。