2013年06月20日

「豊かさは、豊かさという波動を出さなければ寄ってこない」



「お金と引き寄せの法則 / エスター&ジェリー・ヒックス」


「お金が足りない」

「もっとお金があったら楽しいだろうな」



 この二つの言葉に違いを感じられるだろうか?


 エイブラハム的に言えば、この二つは、
 まったく違った「波動」であり、
 まったく違った結果をもたらす。


 エイブラハム・シリーズも3回目だが、
 今回は、あなたも気になる「お金」について。


「お金と引き寄せの法則」


 多くの人は、なぜ「お金がほしい」と思いながらも、
 お金を引き寄せることができないのか?

 それには、「波動」というものを理解する必要がある。


「波動」とはなんだろう?


 スピリチュアル的な考え方で言うと、
 この宇宙のすべては「波動」で、できている。

 人間もまた波動であり、
 その考えていることも波動となって、
 この宇宙に影響を及ぼす。


 そして、ある波動は、同じような波動のものを引き寄せる。

 これが、引き寄せの法則の原理だ
 

「お金が足りない」

 と、言うより、

「もっとお金があったら楽しいだろうな」

 と、言う方が、波動的にプラスになる。


「関心を向けているものがなんであっても、
 意図的に肯定的な側面を探すこと」


 つまり、気持ちが明るくなる言葉を選ぶことによって、
 プラスの波動を出すことができるのだ。


 プラスの波動を出すことによって、
「お金」のプラス面、つまり「裕福」が引き寄せられる。

 マイナスの波動を出せば、
「お金」のマイナス面、「貧困」が引き寄せられることになる。

 
 だから、自分の口にする言葉には、注意が必要だ。


 他に、お金を引き寄せる実践的な方法として、
 例えば、1万円を持って出て、それで買えるものを探す。

 例えば、1000円のモノを、100回買ったつもりになったとして、
 10万円の買い物をしたことになる。

 子供だましのゲームのようなものだが、
 これが、お金の意識を「買えない」から「買える」という、
 肯定的なものに変えていくのだという。

 実際にお金がかかるわけではないので、
 やってみて損はないだろう。

 
 エイブラハムの引き寄せの法則の基本は、

「心地よい感情」でいることだ。

 今、あなたは、どんな「感情」を持っているだろう?


「心地よい感情」でいるならば、
 あなたは良い方向に進んでいる。

 もし、そうでないなら、回りを見て、
「今、あるもの」に感謝する。


「ないもの」に、フォーカスしてはいけない。

「あるもの」に意識を持っていくのが、「豊かさ」への近道になるのだ。
 

 








↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
posted by さきあきら at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。