2013年06月30日

「人生のいついかなるときでも、不幸を選ばない」



「自分のための人生 / ウェーン・W.ダイアー」


「自己啓発本」とか「自己実現本」とか、
 最近、よく聞かれる言葉だ。


 社会的な不安や、経済のいきづまりなどで疲弊した
 現代人の心のドリンク剤的な役割になっているのかもしれない。

 確かに、その手のいい本に出会うと、元気になるし、
 やってやろう、という気になる。


 ただ、本を読んだだけで、
 何か成し遂げたような気分になり、

 結局、よく考えてみると、
 特に自分の行動が変わっていない、
 なんてこともよくあるようだ。


 だからといって、そいういう本は読んでもムダか?
 というと、そんなことはない。


 私もそういう本から、多くのことを学んだ。

 実生活で役に立っていることもたくさんある。

 ただ、いくら自分が、いいことだと思っても、
 それを人に無理にススメるのはやめた方がいい。


 人には人のタイミングというものがある。


 同じ言葉でも、心に響くときと、
 まったく響かないときがある。

 もし、その人が必要なら、聞いてくるだろう。

「自己啓発的な本を読みたいんですが、いい本ありますか?」

 と、たずねられたら、紹介する本の中の一冊にこれが入るだろう。


「自分のための人生」


 著者は、心理学者であるウェーン・ダイアー博士。

 この本は、自己啓発本のスタンダードといえる。


「不幸」というのは、回りの状況や人によってなるのではない、
 自分で自分を不幸にするのだ。



 この本の一節だ。

 実は、不幸は、自分で選択するものなのだ。

 だから、不幸な人に「こうすれば幸せになれる」と言っても、
「そんなことをしてもムダだ」と聞いてもらえないのが普通だ。

 そういう人に腹を立てても、それは同じレベルになる。

 他人事に時間を奪われてはいけない。

 人生は、「自分のための人生」なのだ。


「人生のいついかなるときでも、不幸を選ばない」


「幸福を選ぼう」という決意をした人、
 この本は、そんな人に読んでほしい本だ。
 









↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


posted by さきあきら at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。