2009年07月02日

「これからはモノを売る時代ではなく、個人を売る時代」



「スピード・ブランディング」鳥居祐一 著


 
 インプットアウトプット


 インプットは、自分のための行為であり、
 アウトプットは、人に与える行為である、と、
 自らも、鳥居祐一というブランディングに成功している著者は言います。


 そして、アウトプットするからこそ、
 インプットも増えていく。


 私が、ホームページを整理して、
 このブログを立ち上げようと思ったのは、
 この本によるところが大きい。



 ブランディングは「名前を出す」ということはもちろんですが、
 自分のアイデンティティーの明確化
でもあると思うのです。


 自分の好きなこと。

 自分の得意なこと。

 自分がしなければならないと思っていること。

 そして、自分が持っている情報。


 それらを、はっきりさせて、
 インターネットを通じて発信していく。

 
 けれど、自分というものは、意外にはっきりしないものです。


 本当に好きなこと。
 本当に得意なことって、
 わかっている人はそういないんじゃないかと思います。


 わたしもそうです。

 なので、2〜3つぐらいの方向性で、
 それぞれのサイトやブログを、
 長く続くのが、たぶん、そうなんだろうな、
 という気持ちでやっています。



 ブランディングを考えるということは、
 それが商売に結びつく、ということだけではなくて、

 自分というものを発見する行為
 
 でもあると思います。



 ぜひ、自分のブランディングをやってみることを
 おすすめします。 






↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログ 経済学へ
にほんブログ村



blogram投票ボタン

posted by さきあきら at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。