2010年02月25日

「『真善美』がわかること、それが『創造力』」



「ユニクロ思考術」柳井正 監修


 以前は、大金持ちは何か悪いことをしなければ
 なれないものだと思っていました。


 悪いこと、とまではいかなくても、
 人を追い落としての競争に勝つ、
 というような、強引な人間であるような気がしていました。

 結局、それは自分の無知であり、
 努力不足の言い訳だったのです。

 人の恨みをかって、金持ちでずっといられるほど、
 この世の中は甘くできていないようです。



 大企業には、大企業であり続けるためには、
 なんらかの、哲学、というか、美意識が必要である、

 ということは、例えば、松下幸之助氏や本田宗一郎氏、
 最近では、アップルのスティーブ・ジョブズ氏や
 京セラの稲盛和夫氏のことを知れば、感じられると思います。


 書店で見かけて、気になった

「ユニクロ思考術」

 買う動機になったのは、

「ぼくは経営者だが、『人を使っている』という意識はない」

 という書き出しで始まるユニクロ会長兼社長、柳井正氏の前書きでした。


 ユニクロ


 というブランドは、低価格が売りで、その安さゆえに、
 大きくなってきたブランドである、というイメージがありましたが、

 この本を読むと、最初の金持ちの話と同じで、

「安ければ人は買う」

 というのが、いかに甘い考えかわかります。
 安くて高品質でも、売れるとはかぎらないのです。


 安くて、高品質で、さらにカッコいい。


 情報があふれ、人の価値観すら定まらない時代に、
 ブランドのイメージを作り上げる難しさ。


「モノの本質でしか人は感動しない。
 本当に良い部分しか、人には伝わらない」

「『真善美』がわかること、それが『創造力』だと思う」



 ユニクロの関わる人の考え方などが紹介されるこの本の
 その間にちりばめられた、
 こういった柳井氏の決して多くはない言葉の数々から
 ユニクロのリーダーとしての哲学、美意識が、垣間見えます。


「悩まない人はいない」


 後書きの言葉です。

「全員が悩みながら仕事をやっていると思わなくてはいけない」

 そして、

「会社としても、個人としても『社会に貢献する』ことを
 求めなければいけないと思う」



 この言葉が、表面的なものではなく、
 本気で柳井氏が考えていることが、
 ユニクロがこれほど大きくなった理由だと思います。








↓クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

 
posted by さきあきら at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

「誰かが望む生き方に、合わせてしまってはいけない」



「仕事でいちばん大切にしたいたったひとつのこと。」五十棲剛史 著



 自分らしく生きる
 ということは、むつかしいものです。


 それは、自分らしさ、を通すことが
 むつかしいのではなくて、

 自分らしさ、とは何なのか
 見つけて、それを活かすことがむつかしい
と思うのです。


 私は、音楽を仕事にしていて、
 サラリーマンの経験は、ありません。

 音楽とは、自分らしさ、を出すものですが、
 それでも、自分らしさというものをはっきり言えるかといえば、

 できること、
 したいこと、
 できないこと、
 やりたくないこと、


 を考えると、悩みます。



 この本の著者は、船井総研という会社の会社員です。

 会社員、つまり、サラリーマンと言えば、
 自分を殺して働く、というイメージがあります。
 けれど、本当にそうなのでしょうか?
 
 サラリーマンでも優秀と言われる人は、
 自分らしさ、を出して、
 会社と衝突しても引かない、
 という人が多いんじゃないでしょうか?

 現に、この本には、そういう人の例がたくさん出てきます。

 
「合わせられない部分が、自分になっていく」

 というのは、この本に引用されている養老孟司氏の言葉なのですが、
「合わせられない部分」と「社会との接点に」、
 自分らしく生きるヒントがある
ような気がします。


 以前紹介した

「スピード・ブランディング」鳥居祐一 著

 には、

 これからは、サラリーマンも個人のブランディングが必要になっていく、

 ということが書かれていましたが、
 終身雇用制が崩壊しかけている(している?)現在、
 もはや、アーティストもサラリーマンも関係なくて、

 自分は、好きでこの仕事をやっている、

 という意識のもとに、
 自分らしく生きる、ということが、
 これからの社会のスタンダードになるのではないかと思います。
 







↓ ブログラム投票ボタンです。
 共感された方はクリックしていただけると、はげみになります。
blogram投票ボタン

posted by さきあきら at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

「最後の最後まで、武器は下に向けない」



「ストレスゼロでラクして働く62のテクニック」内藤誼人 著



 テニス選手は、スコアで負けていても、
 絶対に、ラケットを下に向けない。


 それを「ラケットアップ」と言うそうです。


 つまり、自分の武器であるラケットを下に向けるということは、
 敗北を意味するから・・


 では、私たちは何を下に向けないようにするのでしょうか?

 それは身体、つまり姿勢だ、と著者は言います。

 よい姿勢でいると、力があふれてくる、と。



 内面、つまり心の状態は、人の外面を作ります。
 それとは逆に、
 外面を変えれば、内面も変わります



 この本は内面から、そして外面からと、
 いろいろな心理学的な調査、実験などを具体例に、
 やはり心理学者である著者が、
 ストレスなく生きる方法をわかりやすく教えてくれます。


「ストレスゼロでラクして働く62のテクニック」

 と、

 ビジネスマン向けのようなタイトルですが、
 普通に「生きる」ということにも
 役立つアイデアがたくさん出てきます。


 もともと私は、仕事に関してはストレスはほとんどないので、

 あんまり関係ないかな・・

 と思いつつ読んでいましたが、
 読み終えると、やたらページに折り目がついてました。

 それだけチェックしておこうと、
 思うところが多かったわけですね。


 おっと姿勢が悪くなってる。
 背中をのばそう。







blogram投票ボタン



posted by さきあきら at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。