2013年05月16日

「不幸の原因はモノサシ」



「オーケストラ指揮法 (新版) / 高木善之 著」


「オーケストラ指揮法」「幸せ」
 何か関係があるの?

 と思われたかもしれない。

 この本は、オーケストラの指揮について書かれてはいるが、
 本当のところは、人と人とのふれあい方を中心にした、

「生きるとはどういうことか?」
 
 について書かれたものだ。


 もともと「鏡の法則」の中に出てくる
 医師の推薦本の一冊。

「鏡の法則」は、

「あなたの状況は、あなたの心の表れである。
 だからあなたが変われば、状況も変わる」


 というコンセプトの実話に基づいた話で、
 そもそもそれとオーケストラ指揮法とは、
 何の関係があるのだろう?
 というのは、私も最初に感じた疑問だった。


 著者は某有名企業の合唱団指揮者として、
 コンテストの優勝を目指すのだが、
 どうしても1位になれない。

 ある日、交通事故で半死半生状態になり、
 良くて一生車椅子の生活になると医師に告げられる。

 怪我の痛みの中、著者の自問自答が始まる。

「何のために勝ちたいのか?」

「幸せとは何なのか?」

「喜びとは何なのか?」

「自由とは何なのか?」


 そして、気づきます。

 競争の中には幸せはない。

 幸せとは、自分が嬉しくて、
 みんながよろこんでくれること。

 自由とは、自分勝手ではなく、
 したいことをし、したくないことをしないこと。


 その後、奇跡的な回復の末、
 合唱団に復帰。

 団員たちへの接し方も完全に変わり、
 その結果、コンテストに優勝。

 アマチュアで不可能とされる、
 オーケストラの指揮者の試験にも合格する。


「不幸の原因は、
 その人の価値観(モノサシ)によって、生じている」



 人と比べること、人を自分の価値観で計ること、
 それによって、人は悩んだり、苦しんだりする。

 実は、本当は、悩みなんてないんだ。

 人は限りなく自由なのだ。

 それが、大怪我の中で著者が気づいたことだ。


 オマケとして、オーケストラの指揮者というのが、
 どういうものなのかわかるので、
 そういう意味でも、読んで損はないと言える。








↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

 
↓ 本を探すならココ

posted by さきあきら at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 人とのつきあい方の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

「1ミリでも毎日進むこと」



「『しゃべる』技術」麻生けんたろう 著




 簡単にできる、と思っていることでも、
 意外にむつかしいことがあります。



 その最もたるものが、

「話す」

 ということでは、ないでしょうか?



 私たちは普通に「話せ」ますから、
 話し方を学ぶのはアナウンサーなどで、
 あえて、自分では、
 話し方を学ぼうという気にならないものです。


 人間はコミュニケーション動物です。


 作家、シドニー・シェルダンは、
 戦争の原因のひとつは言葉が違うことによって
 コミュニケーションがとれないことである、
 というようなことを言っています。


 では、同じ言語を使えば、
 ちゃんとしたコミュニケーションがとれるのかと言えば、
 そうでもないような気がします。


 ただ自分のしゃべりたいことだけをしゃべったり、
 相手の言うことにうなずいているだけだったとしたら、

 それは、ちゃんとしたコミュニケーションとは言えないでしょう。


 相手が自分の言うことをどう受け取っているかを考え、
 そして、相手の言うことをきちっと理解する、

 そうして初めて、コミュニケーションは成り立つのではないでしょうか?


 それが、ちゃんとできている人は、
 人からの評価も高い人でしょう。



 日常的な会話だけではなく、
 会社員ならプレゼンテーションや商談など、
「話すこと」が自分の評価や収入に直結する場合も普通にあります。


 この

「『しゃべる』技術」


 という本は、

「話すこと」を「武器にする」本です。


 テレビのアナウンサーを見ていても、
 多少、不細工な顔でも、はっきりとしゃべっている人は、
 見た目もよく見えてきます。


 どんなに美男、美女でも、
 しゃべり方や、しゃべる内容が悪ければ、
 人は敬遠するものです。



「しゃべる」ということは、
 相手を認め、自分に自信がなければ、ちゃんとできないものです。

 逆に、うまくしゃべれれば、自分に自信ができてくるでしょう。


「人前でしゃべるとアガるので、苦手なんですよ」

 なんていう人は、自分のチャンスを広げる意味でも、
 読んで、実践してみることをおすすめします。


 とにかく、1ミリでも毎日、前に進むことが、大事なのです。







↓ランキングです。クリックをしていただけるとうれしく思います。
にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


↓ 本を探すならココ


posted by さきあきら at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 人とのつきあい方の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

「正直になってはいけない、ちょっとだけウソをつこう」

hitotarashi.jpg

「『人たらし』のブラック心理術」内藤誼人 著



 人が会社をやめる理由は、
 給料の問題よりも、
 人間関係の問題が多いらしい。


 私もどちらかと言えば、
 人付き合いは、苦手な方でした。


 そんなわけもあって、
 会社勤めよりも、自由業的な仕事を選んだ、
 というより、
 自然になってしまったわけなんですが、

 人が社会で生きて行く上では、
 人付き合いは、 結局、避けて通れないものでした。


「『人たらし』のブラック心理術」

 過激なタイトルですが、
 中身は、著者が後書きでも語っているように、
 とても真面目に、人づき合いのためのメソッドが
 心理学的な目線で、書かれています。


 こんな本に、十代の頃出会っていたら、
 違う人生を歩んでいたかもしれないと思いました。

 けれど、人も本も出会いなので、
 今、これを読むことにも、
 また意味があるのかもしれません。



「ウソをついてはいけません」


 この言葉は、小さな子供に、
 危ないから、刃物は使わないようにさせるのと、
 同じレベルのものだと思います。


「ウソ」というのは、確かに危険な道具です。
 人を傷つけることもできます。


 けれど、好きな人に、おいしい料理を作るために
 刃物は使われるように、

 ウソもまた、人を喜ばせるためにも
 使えるものだと思います。


 ウソの使い方を知る。

 それは、まさに大人としての勉強でしょう。


 ○性悪説を信じて行動せよ

 ○人たらしは、やはり顔である。

 ○あいまいな言葉で相手を誘導する。

 ○あえてケンカをふっかけてみる



 など、確かにちょっとブラックなテーマがありますが、
 大人としての「生きる」作法を身につけるためにも、
 読んでみる価値のある本だと思います。







↓ ブログラム投票ボタンです。
 共感された方はクリックしていただけると、はげみになります。
blogram投票ボタン

posted by さきあきら at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 人とのつきあい方の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。